スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

埋葬後

2010年03月29日(月)

亡くなった翌日にニコの入れ物(体)とお別れしました。
何度も何度もなでてキスして、きりがないねって言いながら・・・


埋葬を終え、ズッチが後片づけをしてくれてる間、
私はユーを抱いて家に入り、写真立てのニコを眺めながら待機していました。

そのとき、悠羽(ゆう)がちいさな人差し指を伸ばして、
写真のニコの翼やほっぺなどいろんなところを、そっとなではじめたんです。
2~3分はそうしていたかな・・・
そのままユーはゆっくりと眠りに落ちていきました。

まだ乳飲み子のユーにも何かわかったのかもしれない、と思いました。

ユーは本当にニコのことが大好きだったんです。
ニコを見つめるときの賞賛と歓喜に満ちた笑顔は特別でした。

ユーは泣いたり笑ったりしながら元気にすごしています。
ただ、今でもニコの写真を指さして一生懸命見ています。

もしも、幼すぎるユーの心に少しでも寂しさや疑問が芽生えているなら・・・

写真もカゴも撤去してニコの気配を完全に消してしまって、私たちもニコの話をしなければ、
ユーはニコのことをすぐ忘れてしまうかもしれないと思いました。
でも、そんな不自然なことをしては、あれだけニコのことが好きだったユーが
かえって異様な雰囲気を感じてしまうのではないかと思って・・・

親として考えさせられましたが、思いつめるのはもうやめようと思います。

ニコの写真は飾っておくことにしました・・・今までと少し違う形で♪
そして、毎日「ありがとう」の気持ちで、笑顔でたのしくすごそうって思って・・・

死はつらく悲しいだけのものじゃないということ、
心の目を磨き、心の耳を澄ませることの大切さ、
涙には希望があるということ・・・
いつかそういうことがわかる子に育ってほしいと思うから。


いつまでもニコが与えてくれるしあわせの光と色と匂いで満たされた我が家でありたいです。


ニコが亡くなった日も埋葬の日もよいお天気で、ニコ(日光)につつまれているようでした。

ニコが亡くなってから埋葬までのことはなんだか夢の中の出来事のようで・・・
悲しくても忘れたくない・・・そんな2日間です。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


ずっとコメント欄も閉じたままだったこんなブログに
たくさんのブログ拍手やメッセージをくださり、本当にありがとうございます。
光が差し込んでくるように、あたたかい気持ちになりました。
少しずつお返事させていただきたいと思いますので、どうかお時間ください。

スポンサーサイト
23:15  |  ニコ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。